セブ島の森田剛の日記

2014年よりフィリピンセブ島に住んでます。GO GO CAFEとAJITOという飲食店を経営しています。セブ島での日常を発信していきます。https://www.facebook.com/gogocafe.cebu/

『成果報酬』及び『起業』は人を本気にさせ成長させてくれる

本日も思った事を書きたいと思います。

 

 私は、大学卒業後、4年間会社勤めを経験しましたが、その時の悩みの一つが、目標達成に向けて最後の最後まで頑張り切る、やり切るということが出来ない、という事でした。前職では、それを強く求められていましたが出来ませんでした。

 

自分の『成長』の為に、「目標達成に向けて必死になりたいのに、なぜか頑張り切れない。途中で諦めてしまう。」という状態でした。

 

終電の時間を超えて働く日があったり、土日に出勤することも多々ありましたし、別に頑張ってないわけではないですが、なぜか本気でやり切ることがいつも出来ず、最終的にその原因は、自分の性格や過去の育った環境にあると考えて、最後の方は、その課題を解決することを諦めていました。

 

成果報酬だと嫌いだったテレアポがめちゃくちゃ楽しい

4年間の社会人を経験した後、経営大学院に行き、東南アジアで起業する決意をし、起業資金を貯めるために、東京でアルバイトをしました。私が選んだのは、最も短期間で稼げそうだと思った完全成果報酬型のテレアポの仕事でした。

 

その仕事は実際にかなり稼がせてくれました。その仕事だけで月に50万円ぐらいの収入があり、また、稼げただけではなく非常に楽しかったのです。

 

私は、サラリーマンをしていた時、テレアポは嫌いな作業の一つでした。しかし、固定給から成果報酬へと報酬制度が変わるだけで、見違えるほど楽しい作業に変わり、仕事に夢中になっていました。

 

例えば、勤務時間が終わっているにも関わらず、上司に「頼みます。もう1本だけ、もう1本だけ電話掛けさせて下さい。絶対に契約取るのでお願いします!」と何度お願いをしたか分からないです。毎日がそんな状態でした。1本でも多く電話を掛けたかったし、1本でも多く契約を取りたかった。

 

その頃には、「頑張りたいのに、頑張れない」という過去の自分は、いなくなっていました。自他ともに認めるほど本気を出せていました。

 

本気を出せるようになった要因は、稼ぐ目的が明確にあった、という事もありますが、報酬制度が成果報酬だった事も大きな要因の一つだと思います。

 

もし、そのテレアポのアルバイトが時給制だったら、仮にその日の目標達成が出来ていなくても、勤務時間が終わったら直ぐに帰っていたでしょう。

 

成果報酬及び起業は人を成長させる

私は、新卒で就職先を選ぶ時に、最も自分自身が成長できそうな会社という視点で選びました。給料などの条件は度外視しておりました。3年ぐらい働いて、力が付いたら独立しようと考えておりました。

しかし、私は「成長」という目的の為には、本気になりきる事が出来ませんでした。本気にならないと、大きな成長は望めないと思います。

つまり、「成長」という目的の為に仕事をしていたのに、あまり成長できませんでした。

私が仕事に本気になるために最も重要な事は、自分が頑張った分だけ報酬が得られる、という事でした。つまり成果報酬でした。

成果報酬だと、上司から「もっと考えろ」など言われなくても勝手に考えるようになります。

また起業は成果報酬の最たるもので、成果を出せば出した分、報酬は増えますが、逆に頑張って利益を出さないと固定費が掛かるので自分の資産がどんどんと減っていきます。

成長したいと思っていた自分にとって、起業は最も良い選択肢でした。

 

GO GO CAFE フェイスブックページ

https://www.facebook.com/gogocafe.cebu/

 

 記事が少しでも参考になりましたら、下記をポチッとクリックをお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村