セブ島の森田剛の日記

2014年よりフィリピンセブ島に住んでます。GO GO CAFEとAJITOという飲食店を経営しています。セブ島での日常を発信していきます。https://www.facebook.com/gogocafe.cebu/

フィリピンのコスト事情

本日は、店舗ビジネスをする上でのフィリピン・セブ島のコストについてお伝えします。

 

①賃料

セブ島には、数多くのモールがあります。ガイサノ・カントリーモールという低価格商品を多く揃えたモールから、アヤラモールという高価格商品を多く揃えた富裕層向けのモールがあります。

私の調べでは、賃料が低いモールだと、1平米400ペソ(約1100円)からあります。例えば、60平米(約18坪)のお店を出店する場合、2万4千ペソ(約6万5千円)で借りることができます。

賃料が高いモールだと、1平米が約1500ペソ(4200円)です。60平米(約18坪)のお店を出店する場合、9万ペソ(約25万円)で借りることができます。

賃料が高いモールの方が、勿論モール自体の集客力が高いです。また、レストラン等の料金は日本と同程度あるいはそれ以上です。

また、上記はモール内の価格ですが、ロードサイド等であれば、もっと低い賃料でも借りられます。

 

②人件費

フィリピン人、一人当たりの日給は、350ペソ(約1000円)が一般的です。これを下回っているケースも多く、店舗ビジネスの場合、この給料を支払えば求人に困ることはほぼないでしょう。日本の時給がフィリピンの日給に当たります。フィリピンでビジネスを行う大きな魅力の一つです。

 

③水道・光熱費

フィリピンは光熱費が高いです。私のお店(カフェ)の場合、朝7時から深夜1時までの営業で、家庭用サイズのエアコンを2つ常時使っている状態ですが、1カ月で約3万5千ペソ(約10万円)です。水道代は、日本と比較しかなり低いです。

 

まとめますと、

 

フィリピンの物価は、モール内ですと、日本と同程度あるいはそれ以上です。

しかし、コスト面は、日本よりも圧倒的に低いです。

つまり、集客に成功すれば、利益は多く残せます。

しかし、フィリピンで出店するのは出資規制等あり容易ではありませんし、集客に苦労している店もあります。

 

次回はその辺りについて説明していきます。

 

GO GO CAFEへの行き方・場所

gogomorita.hatenablog.com

GO GO CAFE フェイスブックページ

https://www.facebook.com/gogocafe.cebu/

 

気に入って頂けたらポチッとお願いします。


 にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ